ラッキー!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新造人間キャシャーン

<<   作成日時 : 2010/01/10 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1





ここからは私個人の思いをややオープンにするので
気をつけて下さい。



『新造人間キャシャーン』

私が大好きなアニメの一つです。といっても一番初め、または2のキャシャーン以外は私は支持しません。というか最初のは最高です!越えられるはずがありません。古いって言われると思うけど、もし最近リメイクされたやつとか映画とかしか見たことがないという人がいたら是非、元祖『新造人間キャシャーン』を見てほしいですね。 リメイクされたものとかはまったく初めの話を忘れてしまってます。無視してます。ファンとして正直悲しさと怒りがあります。
私が怖いのは今の若い人たちが最近のやつだけしか知らないでキャシャーンを理解してしまうことです。





元祖キャシャーンの有名なことといえば
オープニングで
『たったひとつの命を捨てて、
生まれ変わった不死身の体。鉄の悪魔をたたいて砕く。キャシャーンがやらねば誰がやる。』

という記憶に残る語りから始まることとかです。カッコいいですよね!





あらすじとしては
人類の役に立つ目的で東博士(あずま)が作ったアンドロイド(感情を持ったロボット)の一台がある時人間にはむかうようになってしまい自らを『ブライキングボス』と名乗り地球(人類)征服を目的とした『アンドロ軍団』を作り人間達を恐怖のどん底に叩き落とす。
東博士は自分の作ったものがそのようになったことで自らをせめるが解決方法は見つからない。(世の中はロボットを完全に信じられなくなる。)



そんな中東博士の息子の東鉄矢の幼馴染み(だっけ?)のルナがロボットに襲われるが東一家のペットのラッキーに助けられる。しかしラッキーは命を落としてしまう。悲しみにくれるルナと東一家だが東博士はラッキーのデータを組み込ませたラッキーをいわゆる新造犬(?)『フレンダー』として蘇らせる。

そして鉄矢は決める。自らが不死身の『新造人間』となりアンドロ軍団と戦うことを。しかし新造人間となることは自分の肉体を失い、新しい違う体になるとともに二度と人間には戻れないということだった。両親は勿論気が進まなかったが鉄矢は新造人間となると言い張り、新造人間『キャシャーン』として生まれ変わり、フレンダーと共に悪のアンドロ軍団に立ち向かう!

こんな感じで戦っていくんですがこれはただの戦うだけのアニメじゃないんです。
キャシャーンは人間側を守り、助ける『ヒーロー』でありながら人間側からも支持を得られないんですよ。何故かはつまり人間がロボットに対し偏見を持っているからです。最初はそれを恐れ言わなかったんですが敵が人間達の前でキャシャーンが人間でないことをばらしちゃうんです。
たったひとつの命を捨てて人間を守っているのに。

キャシャーンの心や抱えた悲しみや、正義感、そんなものがいろいろ話に絡んできて素晴らしいアニメです。
ちなみに最後は後味の悪くない終わりかたでとてもいいです。



なのにリメイクしたいろんなやつは根本から話が違ったり、東博士が無理やり息子を改造したみたいにされてたり
質問板で「実写版をみたんですけど〜あれの原作もあんな感じなの〜?」みたいなものがあったり、



私としては泣けてきます(__)ついに我慢ならなくてブログに書かせていただきました。


気を悪くしましたらごめんなさい。

でもホント我慢できなくて。


もしこれからも何かをリメイクしたり実写化したりするんなら 原作の大切な部分をちゃんと残してほしいです。できれば忠実に再現してほしいです。
全然違うものにするんなら「初代作品とは話の方向性、内容は異なっています」 とちゃんと皆に説明が必要だと思います。じゃないと失礼だと思います。




以上でした!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様…。

よく頑張ったね。
九蓮 宝燈
2010/01/15 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
新造人間キャシャーン ラッキー!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる